チャリティー寄付

チャリティーイベントを開催していただいてい
る企業・お店をご紹介します!!

  • オトメゴコロ様

    住所:〒598-0006 大阪府泉佐野市市場西3-4-31

    お問い合わせ:072-462-0014

    営業時間:8:00~18:00ごろまで(売切れ次第終了となります)

    営業日:火、水、木曜日

    駐車場:ありません

    最寄駅:南海本線「泉佐野駅」から徒歩約5分

    facebook:http://www.facebook.com/otomegocoromusubi

    2009年から、町おこしのためにおむすび屋「オトメゴコロ」を始めました店主の義本さん。泉州を愛し、泉州と人を結ぶ様々なイベントを行っています。

    「塩むすび」と書いて“えんむすび”は人気です。「おにぎり」ではなく「おむすび」ですとこだわりがあるみたいです。

    「おむすびで、いろんな人と泉州を結びたいという思いと、人と人を結ぶものという意味を込めている」という義本さん。

    実は2012年のりんくう花火でおむすびがきっかけの出会いがあったという裏話があります・・・驚

    そんな「オトメゴコロ」の義元さんがりんくう花火のチャリティーイベントとして、「おむすび」の売り上げの一部を協賛していただいています。

    • オトメゴコロチャリティーのイメージ1
    • オトメゴコロチャリティーのイメージ2
    • オトメゴコロチャリティーのイメージ3
    • パティスリーアンスリール様

      住所:〒598-0006 大阪府泉佐野市市場西3-4-31

      お問い合わせ:072-493-3485

      営業時間:10:00~18:30(カフェ 10:00~18:00)

      営業日:不定休

      駐車場:あり

      HP:http://patisserie-unsourire.com/

      facebook:http://www.facebook.com/otomegocoromusubi

      パティスリーアンスリールの店長をはじめスタッフの皆さんで、
      りんくう花火のチャリティー寄付の商品「和三盆クッキー」
      開発をして下さいました。

      【和三盆クッキーにした理由】

      スペインには家庭的で伝統的なお菓子の代表にポルボロンという“幸せを呼ぶお菓子”があります。

      日本で伝統的なお菓子はないか?と考えたとき、四国で有名な和三盆がひらめいたそうです。

      花火も日本の伝統の一つで歴史があり、ポルボロンのように、幸せにしてくれる“幸せを呼ぶ花火”=(イコール)ENJOY!りんくう(りんくう花火)だということで、チャリティーお菓子が和三盆クッキーに決まったそうです。

      また、世界に一番近い泉佐野のここでしか見ることができないスペシャルな花火大会へと発展していくようにと願いも込められています。

      和三盆クッキーの売れ上げの一部をりんくう花火に寄付してくださるしくみとなっていて、すでにプレーン味が店頭に並んでいます。現在は【イチゴ】【レモン】【きなこ】【黒糖】と日本の北から南の原産で作っていただいているところです。

      早ければ、7月には店頭に並ぶかもしれません。

      chari_an

      私たち実行委員としては、このように継続的にご協力いただける
      チャリティー寄付として、新しく商品開発してくださり、

      りんくう花火のマスコットキャラクターの天花ちゃん入りの
      可愛いパッケージまでデザインしてくださり本当に嬉しいです。

      和三盆クッキーもとても美味しく、まさしく“幸せを呼ぶお菓子”です!

      パティスリーアンスリールさんは2012年の第1回目から
      ご協力いただき、毎年出店もしていただき、
      いっしょにENJOY!りんくうを盛り上げて下さっています。

      チャリティー寄付していただいているお店は、
      おむすびで有名なオトメゴコロさんもご協力いただいていて、

      泉州ちりめん山椒の売り上げ10%をりんくう花火に
      寄付してくださる流れとなっています。