りんくう花火の歴史

りんくう花火は市民有志が作っている花火大会です。

よく「どうせ市がやってるんでしょ」と言われますが、りんくう花火大会実行委員会は20代、30代の若者が中心で結成し、全員ボランティアで花火大会を作っています。街を元気にしたいという夢をもって一生懸命頑張っているので、それだけは知っていただきたいと思っています。

2010年7月

の画像

「りんくう花火を復活させてみない?」
と夢を語り始めました

2010年10月

の画像

りんくう花火実行委員会結成

何もわからず右往左往

の画像

メンバーは同年代の友達の集まり。
いわば全員素人。困った!

活動理念を決めました。

の画像

「子供に夢を」「りんくうに活力」「観光の発展を」

花火体操を作ってみたり

花火体操の画像

とにかく僕たちの活動を知ってもらおう!

まずはまちのためになるものから

の画像

商店街イベント協力や市長選公開討論会の開催、マーブルビーチの毎月の清掃活動

2011年夏

の画像

協賛が集まらず、警察の許可も出ず、開催を断念。

2011年秋

の画像

気持ちを入れ替えて再始動

とにかく走り回った半年間

の画像

協力者が動けば動くほど増え、協賛もボランティアも増えました。

忙しすぎて苦しかった一か月前

の画像

協力者の期待を今年は絶対に裏切りたくない!!

2012年9月1日

第1回の花火の画像

第一回りんくう花火開催!
感激してみんなで泣きました。

第二回も全力で準備!

第2回の準備の画像

開催まで無事こぎつけましたが、悪天候のため中止に。無念の涙

りんくう花火実行委員会は今年も花火大会を成功させ、夢いっぱいの元気な街にします!