りんくう『夢』ビジョン

ビジョンの画僧1

私たちは10年先を見据えて、この花火をみなさんと一緒に育てていきたいと考えています。

 まず、今年を含めた最初の3年間は、スムーズに組織だって花火を打ち上げることができるようにする
基礎固めの期間と考えています。

 この3年の間は、みなさまの寄付と協賛で支えていただきたいと考えています。
1回目の今年は右も左もわからず大変苦労しましたが、1度の経験を経た今、来年以降はよりスムーズに準備を進め、
改善ができると考えています。

ビジョンの画僧1

次の3年間は、泉佐野の名物の花火大会としてより多くの人に来ていただくこと、そして運営の面では有料の観覧席を設け、
みなさまだけでなく来ていただくお客様にも支えていただく、そんな花火大会にしたいと考えています。
ここ、りんくう花火のロケーションは恵まれており、たとえば隅田川の花火大会では4号玉、淀川花火の花火大会では8号玉までしか上げられないのに比べ、りんくうでは
10号玉以上の花火を打ち上げることができます。このロケーションを生かした魅力のある花火大会にしたいと考えています。

ビジョンの画僧1

そして、次の3年間は関西国際空港があるこの立地を生かし、海外のお客さんに来ていただけるような花火大会にしていきたいと考えています。
たとえば、今でもマレーシアのクアラルンプールから片道10000円弱で行き来ができるようになっています。
成長著しいアジアの新興国のみなさんを先進国にふさわしいエンターテイメントでおもてなしを出来るようにしたいと考えております。
そうすることで泉州の街や観光の発展に寄与し、子供たちがずっと住んで働きたいとより思ってもらえる街にしていきたいと考えています。
さらにできることなら、この花火の収益を通し、街づくりに貢献させていただければと考えております。

ビジョンの画僧1

そのためにも、このりんくう花火を2回、3回と重ねていくことが大切になってきます。
ここでしっかりと基礎を固め、将来の大きな飛躍をみなさんと一緒に期したいと考えています。
行政が赤字で苦労しているからこそ、われわれ民間の人間が強い志を持ち寄り、街づくりを進めていく必要があると考えています。
 ボランティアでの参加や協賛でのご支援など、2014年もりんくう花火をよろしくお願いします。

(第1回記念大会プログラムより)

メディア掲載

【テレビ】

  • 2012年 7月

    J:COM「ココラボ」クリーンりんくうの撮影

  • 2012年 9月

    MBS毎日放送 「VOICE」

  • 2012年 9月

    関西テレビ「スーパーニュースアンカー」

  • 2012年 9月

    J:COM「HOMETOWNウィークリー」

  • 2012年 9月

    J:COM「8時です!生放送・水曜日」生出演

  • 2013年 2月

    J:COM「HOMETOWNウィークリー」小学校への図書寄贈

  • 2013年 2月

    J:COM「おちゃのこsaisai」生出演

【新聞】

  • 2011年 12月

    読売新聞「花火復活願い 資金集め奔走」

  • 2012年 9月

    朝日新聞「市民の熱意、りんくう花火復活

  • 2012年 9月

    読売新聞「泉佐野再生託し花火1000発」

  • 2012年 9月

    ニュース泉南「りんくうに大輪の花」

  • 2013年 1月

    読売新聞「夏の風物詩で古里明るく」河内屋副代表取材記事

  • 2013年 2月

    朝日新聞「りんくう花火」市民の手で 小中学校への図書寄贈

【ラジオ】

  • 2012年 6月

    ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと」 出演

  • 2012年 8月

    FM大阪「OSAKA MORNING VIEW」 出演